顧客管理システムで売り込みを考える

顧客管理システムを使うことにより、より営業の仕方がより良くなってくる可能性があります。この顧客管理システムと言うのは、お客さんを管理するための仕組みですが、お客さんの情報をそこにため込むだけでなく、一般的にどのようなタイミングで売り込んだら良いかが明確にわかる仕組みです。問えば、自動車のセールスマンをしている場合でも、セールスマンが売り込みをすれば必ず自動車を買ってくれると言うわけではありません。もともと高い買い物になりますので、そう簡単に財布の紐が緩む事は無いわけです。

しかしながら、一般的によく言われているのは本当に必要かどうかっていうのはお客さん自身がわかっておらず、それをセールスマンが説明すると言うものがあります。いわゆる裏の欲求と呼ばれるものがあり、その裏の欲求そのものをお客さんは分かっていません。しかし生セールスマンは本当は違う理由で欲しいのではないかと言うことを説明することで、お客さんは本当に欲しかった理由に気がつき、それで購入してくれるわけです。ただ、何か裏の理由かと言うのはなかなかわからず、今まで会話した中でお客さん話の内容をまとめなければそれが見えてきません。

そこで、顧客管理システムがあればそこに話をまとめていくわけです。そうすると、今まで点と点だったものがラインでつながるようになることがあります。それを見つけただけでも、管理システムを使うメリットは十分にあると言えるかもしれません。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website