顧客管理システムを使う場合調子に乗らないこと

顧客管理システムは非常に便利なシステムで、お客さんの情報をそこにまとめることができるためいつも担当している営業マン以外でもそのお客さんに接したときお客さんの情報を事前に把握していれば、お客さんを感動させることができるかもしれません。例えば、いつも担当していた営業マンが顧客管理システムで事前に情報を調べ、その人に対して以前話した内容でないことをペラペラと話し、しかもその人の好きなものまで知っているとすればかなり驚かせるでしょう。名前を呼ばれる事はもとより、なぜ自分の好物まで知っているのかと不思議に思うかもしれません。必ずその裏では、顧客管理システム等が発動しており、自分の情報を共有されていると考えたようです。

中には電話をした瞬間、自分の情報があっという間に出てくると言うケースも多いはずです。これは電話の前にパソコンが置かれており、名前を入力しただけであっという間に自分のデータが出てくる仕組みです。このように素晴らしく感動させることができる顧客管理システムですが、使い方を間違えるとマイナス評価になることも知っておかなければいけません。例えばおっちょこちょいな営業マンがおり、自分と違う人の情報を入手して自分に対して話しかけた場合です。

呼ばれた名前も違えば、話の内容も噛み合わなかったりすると、明らかにマイナスなイメージがついてしまいます。このように、使う場面や使い方を間違えるとろくなことがありませんので、忙しくても慎重に対応することが必要です。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website