顧客管理システムと営業支援支援システムの違い

顧客管理システムは略してCRMと呼びますが、CRMと同じくマーケティングの仕事をしていると営業支援システムのSFAのことを知る機会も多いのではないでしょうか。顧客管理システム(CRM)や営業支援システム(SFA)は企業の中でどのように役割を持つソフトウェアであるのか、一見同じような意味でとらえられることもあるけれど、名称などが異なるわけですから明確な違いが存在していることは明らかです。顧客管理システムでもあるCRMは、顧客情報を一元管理するためのシステムでデータベース内には既存もしくは見込み客の顧客情報が集約された形で記録してある、商談が行われた場合には見積もり・請求書・注文書もしくは受注書などの書類も保管、一般的な資料や個別提案資料などのドキュメント類も保管することができるようになっています。しかも、顧客管理システムは権限を設けることもできますし、全社員が共有することもできるので情報を上場に活用しながら無駄を省けるメリットもあります。

SFAは営業活動を支援するためのシステム、一元管理が行われている顧客情報を基にして実際の営業活動をアシストする役割を持っています。ウェブフォームを通じて名前やメールアドレスなどの基本的な情報、利用者の興味がある商品やサービスなど関連する情報を集めて、それを管理すのが顧客管理システムのCRM、顧客リストに対して自動でメールの送信を行ったり営業タスクを割り当てるなどの役割を持つのがSFAです。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website