あると便利な顧客管理システムの導入と効果の範囲

商品を顧客に販売する業界では、メーカーと商社、問屋、小売店での取り引きになりますが、特に中間に位置している商社や問屋の場合、利幅が狭いことにより売り上げに関してはかなりシビアになることが目立ちます。同一の商品でも顧客先によって卸し単価の違いが出ているなど、販売能力を見極めることはかなり重要です。従来型の営業では、紙媒体やパソコンのソフトを使って間違いが起きないように管理をしているものですが、売り上げ不振に陥っている会社や、更に売り上げアップを期待する会社であれば、顧客管理システムを導入することは推奨できる内容です。導入に関してはネット上で検索をすることで沢山の企業が開発をした顧客管理システムを探せますが、自社にとって最適になるシステムの機能性を比較材料にすることで最適化は行えます。

顧客管理システムの場合は、営業社員が担当する全ての顧客情報を入力することができ、商品別に卸し単価も入力できるので情報を全ての営業社員で共用できるメリットがあります。例えばある商品がある小売店で売れている場合、営業先でもリアルタイムに情報を確認できることで、同じ商品を単価を下げずに売り込みをすることを可能にしています。営業社員の中には、自社で販売する全ての商品を把握していることは少ない傾向にあります。顧客管理システムを導入することで、これまで視野に無かった商品を販売できるなど、優れた顧客管理システムによって売り上げアップにも期待できます。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website