顧客管理システムを上手に使いこなすには

営業マンになり顧客管理をする場合には、顧客管理システムを使うと良いかもしれません。顧客管理システムと言うのは、顧客を管理するツールの1つになりますが、例えば顧客情報を顧客管理システムに入力することで瞬時にその情報を見ることができるわけです。どのような時に便利かと言えば、例えばたくさんの営業をしておりお客さんを抱えている1人の営業マンが1人のお客さんに会う時、事前にその情報を確かめなければいけません。記憶力が非常に良い営業マンで、すべてのお客さんの事や前回話した内容まで頭に入っていれば良いですが、そのような営業マンはなかなかいません。

特に自分が持っているお客さんが100人ぐらいいる場合には、何人かのお客さんの事ははっきりと頭の中に入っていても、それ以外の場合にはあまり記憶にないケースもあります。記憶にない状態で営業をかけようとしても、話が食い違ってしまい結果的に悪い方向に進みかねません。このような場合、事前に顧客管理システムを置いておくことで、その情報をいちどにおさらいすることができます。それ故、普段からそのシステムの中に情報をため込んでおく必要があるかもしれません。

情報といってもいらないものといるものがありますので、いらない情報は速やかに消しましょう。ただこのいらない情報かどうかと言う判断自体も難しいため、最終的には上司などに相談して消すべきかどうするべきか考えます。もし迷う場合には、そのまま残しておいても問題ないでしょう。後になって、なぜあの情報を消してしまったのかと後悔するよりはそのまま残しておいた方が良いからです。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website