顧客管理システムにより情報の質を高める

顧客管理システムを使うと個人レベルで情報を確保せずに済む、このようなメリットがあるといわれているのですが、これはどのような意味になるのでしょうか。顧客管理システムを導入していない場合、営業職の人は自分の顧客の情報をパソコンの中で管理しているので、他のメンバーがその情報を使いたいときにはメールなどで送付して貰わないとならない、さらにそのような情報があること自体知らないメンバーもいると、同じ顧客に対して同じような質問をしたりする可能性も出て来ます。顧客管理システムは、個人で管理していた情報を一元管理して営業職の人はもちろん、他の部署など会社全体で1つの情報を共有化できるようになるので、個人レベルで管理する必要もないですしそれぞれが得た情報をその都度蓄える形になるので顧客情報そのものの品質がより良いものになるメリットもあるわけです。顧客情報には個人を特定できる情報が含まれているので、パソコンにそれをコピーして持ち出せないルールにしている会社も多いのではないでしょうか。

持ち出しができる場合は、お客さんに対してスムーズな対応が図れるけれども持ち出せないので一旦会社に戻ってから情報を入力したりして対応するなどが必要です。この場合、対応が遅くなるほど新規顧客を逃しやすくなるのですが、顧客管理システムはインターネットに接続できる環境ならいつでも必要なときにアクセスを行うことができますし、検索や入力など自在にできるので営業アプローチにも良い効果を期待できるようになります。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website