顧客管理システムで顧客対応のミスや漏れを防止

最近の営業手法は電話や訪問だけでなく、メールやSNSなど色々なコミュニケーション手段があるので便利です。従来ならば電話でアポイントメントを取ってから訪問するのが一般的だったり、直接会社に訪問するなどのアポなし営業なども頻繁に行われていた時代もありました。アポなし営業は忙しい時間帯に来られると迷惑なものですが、多少の余裕があるときに営業に訪れて、紹介する商品やサービスに対して高い興味関心や良いものだと思えるものなどをセールスされると企業側も得した気分になることもゼロではありません。現代は複数のチャンネルを通じて気軽にコミュニケーションが取れるようになっているけれども、全てのチャンネルを管理したり対応するのには手間がかります。

顧客管理システムを導入している場合は、全てのチャンネルを通じたコミュニケーションを一元管理することができる機能があるので手間をかけずに円滑な管理が実現する、このようなメリットが顧客管理システムにあるわけです。SNSなど色々なチャンネルでお客さんとやり取りするときには、顧客の対応履歴はもちろん関連する情報を事前に把握することが求められます。対応履歴を把握せずにアクションを行うと以前にも同じような営業をしたことがあるなど、お客さんから指摘を受けることもあるなど対応ミスや漏れなどの原因に繋がることも少なくありません。特に、複数の営業マンがいる部署などは対応履歴を共有化してないと別の日に異なる営業マンが同じお客さんの元に出向くなどのようなトラブルもないとはいい切れません。

顧客管理システム顧客間は、対応履歴なども一元管理ができるので安心です。

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website