顧客管理システムで営業の成績を見る

顧客管理システムを利用することで、自社で営業マンの成績を見る事は可能です。顧客管理システムには様々なデータを入れることができますが、営業マンがどのような数字をとっているのかを見ることができるためそれでボーナス等が決まっていくと良いと良いでしょう。そして、営業マンの中でも顧客管理システムを見たとき数字がよく出せている人と出せていない人が必ずいます。一般的には、全体の2割位は優秀な営業マンと言われており、逆に残りの8割のうち2割部分を占める人は全く成績が振るわない1人ですなります。

いわゆる、あまりできていない人がこれに該当するでしょう。では6割はどのような立ち位置かと言えば、いわゆる平均的な成績を出す人と言っても良いです。会社自体の戦力にならないわけでは無いものの、そこまで特別に戦力になっていない人たちです。上位2割を除けば、結果的にそこまで良い結果が出ていないといえますので、この場合にはとにかく顧客管理システムなどを使って反省点を見つけるしかありません。

反省点があるとすれば、例えば顧客に対するアプローチなどが考えられます。顧客に対しては、様々な方法で近づくことができますが、この時どのような会話をしたかなどを上司がその顧客管理システムを見ることで閲覧できるわけです。そうすると、腕の良い上司であればどのあたりが問題なのかを明確に教えてくれます。この辺が改善できるようになれば、一気に成績が上がるわけではないものの、少しずつ良い結果に変わってくるかもしれません。

そうすると、利用した価値があると言っても良いです。顧客管理システムのことならこちら

Filed under: IT・通信関連, おすすめ, 顧客管理システムTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website