日本は医療大国とも称されるように、高度な技術と知識を駆使して多くの疾病を治せます。なかには専門医も多く、幼いお子さんのように症状を見極めるのが難しいケースでも、的確に治されるほどです。色んな疾病がありますが、ここでは幼児に多い目の病気について簡単に解説をしていきましょう。幼児とは2歳から6歳までの年齢を指しており、国内には2022年現在で約12万人が存在しています。

この数は過去50年間で最低となっており少子高齢化の影響を強く反映をされているわけです。日本小児眼科学会の報告を見ると、一番多い目の病気が感染症でした。結膜炎というものがそれであり、親からではなく保育園などの集団が集まる場所で伝染をしているケースが多いものです。目の病気は一見すると症状を把握するのが難しいものです。

理由は痛みを伴わず、視力・視界の低下が反映される場合があるからです。結膜炎もそのひとつで、一切痛みはありません。その代わり、見えにくい・目ヤニが出る・乾燥するという現象となるので、お子さんがこれらを訴えるのは稀です。では保護者はどのようにして状態を確認すればいいのでしょうか。

それは日頃からしっかりと顔を見ることです。毎日目を合わせるだけでも変化に気づくことが可能になります。そして目の病気を避けるには、清潔にしないといけません。顔を拭くタオルは1回ずつ交換をおこない、汚い手で顔を拭かないように指導をすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です