目の病気は目を構成するパーツによって様々です。涙腺や涙道を含む涙器や目の表面などそれぞれに病気があり、中には緑内障のように視神経に異常をおこすものもあります。比較的多い病気として近視やドライアイがありますが、いずれも発見に至る症状や原因は様々で対処方も違います。まず涙器の病気として、目から出た涙が流れ込む小さな袋状の器官の炎症があります。

原因は涙の通り道がつまり細菌が繁殖するためで、痛みが伴い膿がたまります。治療には抗菌剤を用いますが膿が溜まっているようであれば切開して出します。目の表面の病気には結膜炎やドライアイがあります。結膜炎は結膜に細菌や花粉など異物が付着することで炎症をおこします。

充血する、目やにが出るなど症状は様々で、対処方は感染を広げないよう良く手洗いをすること、目薬を点眼して炎症を抑えることです。免疫機能が未熟な子供や低下している高齢者は感染しないように注意します。ドライアイは涙の分泌量が減り表面が乾くことで眼精疲労や痛みを引きおこす目の病気です。視力の低下や、かすみ目などがおきます。

原因は加齢や環境、あるいはその複合で放置すると視力障害を引きおこします。治療法は保湿成分が豊富な点眼薬を用いたり涙点プラグを使って目の表面に潤いを溜めます。視神経に異常を起こす目の病気に緑内障があります。初期は無症状なので気付きにくく進行して視野が狭くなることで発見に至ります。

原因は視神経の形に異常がおきるためで、ある程度体質が関係しているといわれています。治療法は症状によって異なり、投薬やレーザー治療、手術があります。近視は角膜から網膜までの距離が長くなる目の病気です。一時的であれば改善できますが眼球の変形が原因であれば回復は難しいです。

進行を防ぐには正しい姿勢と適度な明るさ、目を休ませることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です