近視の人でコンタクトレンズを付けている人は半分以上と言われています。メガネと違ってすべての視界がくっきり見えることと、特にスポーツをしている人にとってもいいようです。メガネと比べて金額的にはやや高いですがメガネが嫌という人にはコンタクトがいいのです。コンタクトはまずは眼科で診てもらい、その処方箋をメガネ屋に持っていき、作ってもらいます。

目の表面や曲がり具合などを測定しますから、メガネと同じで自分だけにしか合っていないものが出来上がります。他の人のものを使っても合いませんから当然と言えば当然なのです。コンタクトは年々改良されて、いかにして薄くて丈夫なものがいいのか出来上がってきます。コストも下がりつつありますから、高価というイメージがなくなっているのも現実となっています。

寝ていながらでも装着可能であったり、抗菌剤配合の目薬も合うなど、とにかくすべてにマッチしたものが出来上がっているのです。遠近両用のものもありますから、いろいろなものが開発されており、そのことが自分達にとって役に立ち、生活において不自由しなくていいのです。今や小さいことから装着している子供さんもいます。国内において視力低下は1つの問題点となっているも事実です。

近視は元に戻ることはないですから、予防は当然としても、新興が進まないようにしなければなりません。そのためには日常生活において留意すべきことはたくさんあることは確かです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です