近視の人は遠くのものが良く見えないので、眼鏡やコンタクトレンズでピントを合わせて遠くも見えるようにします。メガネは付け外しが簡単で手入れも楽で、眼鏡によって目が何らかの病気になるということもありませんが、眼鏡に何かが当たるのが怖いとか見た目が良くないという方にとってはコンタクトレンズが勧められます。コンタクトトレンズは目の中に装着をするので簡単に着け外しができませんが、他の人からは装着していることがわからず近視だということもわかりません。しかし直接目の中に入れるものなので、清潔で爪を切った手で着け外しをしないと細菌が繁殖したりレンズを傷つけることによって目に炎症をおこすことがあるので注意が必要です。

近年は使い捨てのものが販売されているので、一日使ったら捨てて次の日はまた新しいものをつけることができます。そのタイプなら、衛生面でも安心して使えます。メガネは処方箋をもってメガネ屋さんに行って購入することになりますが、コンタクトレンズははじめだけ眼科で処方をしてもらえばあとはネット通販でも購入できます。ただし、自分で目の病気を予防するために定期的に眼科に行って目の検診を受けることが勧められます。

コンタクトレンズは、たくさんのメーカー方いろいろな種類の商品が販売されています。ただ視力を矯正するだけでなくヒアルロン酸が配合されていて一日中潤いが続くというものや汚れが付きにくいものなど、目に優しい商品がたくさん販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です