現在は目を酷使する機会が増加していて、以前であればほとんど見られなかった低年齢の子供でも、視力矯正の器具を使っている人が見られるようになりました。これは遺伝による場合もありますが、幼少期からテレビやゲーム機などで画面を近距離で見続けることが主な理由であり、下がってしまった視力を高めるのは難しいからです。視力矯正で使われる器具はメガネとコンタクトレンズで区分できますが、外見を気にしている場合にコンタクトレンズを使用するケースが多くなっています。それはメガネを装着すると外見が大きく変化するというのが主な理由ですが、他にも体を動かすと移動してしまったり、湿気によって曇ってしまうなど弊害があるからです。

ただし、身体的に悪影響を与えにくいという特徴があることから、今ではメガネを好んで使う人が増えています。コンタクトレンズは眼球にレンズを直接設置する構造になっていて、適切に使っていれば問題はありませんが、使用期限を過ぎても使い続けると外れなくなる危険性が高くなります。眼球は外部から異物が付着すると涙によって洗い流していますが、コンタクトレンズが接着してしまうと涙が入らなくなり、乾燥することで剥がれなくなってしまいます。最近の製品は装着している感覚が低いものもあり、装着したまま就寝してしまう人もいて、問題視されるようになりました。

メガネは邪魔に感じるシーンが多くありますが、眼球に負担をかけることがありません。また微妙なレンズの調整も簡単で最適な状態で使用するできることも、メガネのメリットの一つと言ってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です