「どうせ眼鏡をかけるなら、せっかくだから魅力的に見えるものを選びたい」メガネを新調する方であれば、このように思う方も多いことでしょう。メガネを単体でみた時はオシャレに見えるものでも、実際にかけてみるとイメージと違ったということも珍しいことではありません。メガネには様々な形のフレームがありますが、実はかける人の顔型によって似合う似合わないが分かれます。では、どんな顔の形にどんなフレームが似合うのかを紹介していきます。

縦と横の幅が小さく柔らかい印象の丸顔の方には、丸いフレームのものよりも角ばったスクエア型やウェリントン型でアクセントをつけるのが最適です。シャープでキリッとした顔立ちの逆三角形の方は、ソフトな丸みのある楕円形のオーバル型をかけるとより優しい雰囲気に仕上がります。クールで凛としたイメージの四角型の方であれば角ばったフレームは避け、オーバルやサークル、そしてボストンなどの丸みのあるデザインがおすすめです。また、スマートな印象を与える面長さんは縦と横の幅が広いため、縦の幅が広めのボストンやウェリントン型が似合います。

同じ形のメガネであってもフレームが太いとそれだけインパクトが増し、細いとスッキリとした仕上がりになる他、視界を遮らないフチのないフレームなど様々な種類があり、それによって印象もガラリと変わります。まずは自分の顔の形を理解し、それに応じたフレームの中から自分のお気に入りを選ぶことで、よりベストなメガネ選びが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です