メガネは視力矯正のために用いられますが、ファッションアイテムとしても役立ちます。様々な色や形のフレームがあるのでアクセサリー感覚で使用することができ、その日の気分でコーディネートすればいつもと違った雰囲気を演出できます。メガネを選ぶときはフレームの形や素材で選ぶことができます。形は大きく6つに分類され、元も古くからあるのがラウンド型です。

真円に近い形をしており、知的さを演出できますが、同時にシャープな顔立ちを優しく見せてくれます。オーバル型は楕円形をしているのが特徴です。年齢や性別を問わず幅広く普段使いのメガネとして用いられており、どんな顔立ちにも似合います。スクエア型は横長で角がある形のフレームです。

直線的なので知的な印象を与えます。こちらもどんな顔立ちにも似合いますが、丸顔の人が利用すればすっきりとした印象になります。これに対しボストン型は丸みを帯びた逆三角形の形をしたフレームです。オーバル型よりも縦に長いため知的でありながら優しい印象を与えます。

ウェリントン型は台形を逆さにした形をしています。メガネをファッションアイテムとしてメジャーにしたデザインで、知的で落ち着いた印象になります。フォックス型フレームは両側の端がつり上がった独特な形をしています。個性的なデザインですが、目尻に向けてフレームが太くなっているので顔立ちをすっきりと見せる効果があります。

このようにメガネにはいろいろな形があるので、自分の顔立ちとその日のコーディネートにあったフレームを選ぶことで、手軽にファッションを愉しむことができます。メガネのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です