必要なものはマイクロファイバー製の布と洗浄液です。汚したり傷をつけたりせずにきれいにするための、最も安全で効果的な道具です。ポリカーボネートレンズやレンズコーティングに安全であると記載されている専用のスプレーが最適ですが、ローションを含まない食器用洗剤を使用することもできます。手から細菌を移さないように、手をよく洗います。

レンズに傷をつける可能性のあるほこりやその他のものを取り除くために、メガネにぬるま湯をかけましょう。硬水であれば、蛇口からの水ではなく、蒸留水を使用してください。マイクロファイバークロスでメガネを拭いたら、メガネの両面に洗浄液を吹き付けます。食器用洗剤を使用する場合は、レンズの両面に1滴ずつ垂らし、レンズの表面をやさしくこすります。

石鹸を使用する場合はすすぎます。余分な水滴を振り落とし、メガネを乾かします。筋や水垢を防ぎたい場合はガスダスターを使って乾かすとよいでしょう。フレームにはネジやバネ、ヒンジなど小さな部品がたくさんあり、顔の汗や皮脂で汚れてしまうことがあります。

メガネのフレームを清潔にすることは大切ですが、ついつい忘れがちです。フレームをぬるま湯で洗います。ローションフリーの食器用洗剤のようなマイルドな石鹸を使用し、指先でフレームに塗布します。ぬるま湯でフレームをよくすすぎます。

アルコールを含ませたウェットティッシュで、フレームの鼻パッドと耳掛けを拭きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です